カテゴリ:衣浦臨海鉄道( 54 )

2015.11.15 衣浦臨海鉄道 5571レ 明石公園

5570レを撮影した後は仲間内ではやっている駅弁大会で裏画像を探せ(笑)

ちょうどきぬりん碧南市駅最寄りのピアゴで開催されていたので。

いやー、一つに絞り切れない気持ちがよーく分かりました。

あれも欲しい、これも欲しい状態でしたわ。

一つだけ購入するつもりが迷いに迷って2つ購入。

福井駅ぎんだら寿司は食通を唸らせたのも納得。

八戸駅ずっしりうに特製重は想像よりはちょっぴり残念。

現地へ行った際の買って良い弁当、悪い弁当の事前勉強のなって楽しいですね♪

さて、そうこうしているうちに5571レの時間。

1時間ほど前は大変分厚い雲に覆われていたのに、

通過直前にはゲリラ雲すらない晴天に…。

いや、ここでそれはいらないんだよな~と思いながらも5571レ通過~

結局、開業40周年マークの方は履修逃しました…。

b0283378_23405278.jpg















撮影日:2015年11月15日
撮影場所:碧南市ー東浦
撮影機材:CanonEOS5DMarkⅡ+EF300mm f/2.8 USM(ExtenderEF1.4 Ⅲ使用)
列車番号:5571レ
コメント:-。
[PR]
by ef66-42_fujibusa | 2015-11-19 23:43 | 衣浦臨海鉄道

2015.11.15 衣浦臨海鉄道 5570レ 第1師崎街道踏切

先週のきぬりん祭りから一週間飛んで11月15日。

この日が衣浦臨海鉄道の開業日のようで再び1日限定でヘッドマークを取付。

FA・フライアッシュ25周年マークは何度か撮影しているのだが、

開業40周年マークはなかなか出来ないでいる。

ヘッドマーク取付区間が変更になってからは夕刻の551レ以外は順光の場所がなく

曇りマークが出ていたこの最終日にかけてみた。

っが、起きたのはまさかの7:20過ぎ…。

寝起きということもあり頭の中が…、すぐに気を取り直して身支度を整え

車をかっ飛ばすと何とか武豊線内なら5570レに間に合いそう。

大府方の撮影地から下見していき、キャパのありそうなとこでと考え、

最初に目をつけていた踏切に行くと普通に全然余裕あり…。

ということでモロモロセッティングを終えてすぐ、5570レ通過。

b0283378_2002426.jpg















撮影日:2015年11月15日
撮影場所:大府ー尾張森岡
撮影機材:CanonEOS6D+EF70-200mm f/2.8L USM
列車番号:5570レ
コメント:-。
[PR]
by ef66-42_fujibusa | 2015-11-18 20:01 | 衣浦臨海鉄道

2015.11.06 衣浦臨海鉄道 5573レ 衣浦橋梁

衣浦臨海鉄道と言えばこの鉄橋って言うほど有名なポイント。

碧南線にあるこの鉄橋をはじめ、コンクリート高架橋などのインフラ設備、

とても一日上下3本の貨物列車が走るだけの設備とは思えない。

環境的にも、鉄ちゃん的にももっとさまざまな輸送でここを走る貨物列車を

増やせれば嬉しいことなのだが…。

b0283378_2152560.jpg















撮影日:2015年11月06日
撮影場所:碧南市ー東浦
撮影機材:CanonEOS5DMarkⅡ+EF50mm f/1.2L USM
列車番号:5573
コメント:-。
[PR]
by ef66-42_fujibusa | 2015-11-12 21:07 | 衣浦臨海鉄道

2015.11.06 衣浦臨海鉄道 550レ 半田埠頭前

武豊線を謎の10分延で通過して行った550列車。

東成岩停車中に追い抜き半田線で撮影する予定であったが、

ここでの停車時間は削られそう。

といっても方向転換する為に釜替えする為、それなりの時間は停車するだろう。

さっ、半田埠頭駅の手前は踏切からの被り付きと上を走る陸橋からの俯瞰と

二者選択出来る撮影地。

ここで何を思ったか、皆は踏切被り付きへ急ぐのに対し、私は一人陸橋を上る。

限られた場所から広角にてカメラをセットした時に気づく。

あっ、今日は開業40周年ヘッドマークを押さえる為にここに来たんじゃん…。

b0283378_1929830.jpg















撮影日:2015年11月06日
撮影場所:東成岩ー半田埠頭
撮影機材:CanonEO6D+EF50mm f/1.2L USM
列車番号:550レ
コメント:-。
[PR]
by ef66-42_fujibusa | 2015-11-11 19:30 | 衣浦臨海鉄道

205.11.06 衣浦臨海鉄道 550レ 阿久比川橋梁

衣浦臨海鉄道と言えば碧南線を走る白ホキが有名どころであるが、

もう一つ、半田線を走るコンテナ列車が設定されている。

JR武豊線を東成岩まで走行し、機関車を付替えて半田線へ入り

終点の半田埠頭駅を目指す550列車。

何度も訪れている衣浦臨海鉄道であるが、意外にもこの列車を撮影したことがない。

武豊線もどこで撮影してよいものか見当もつかない中、

とある雑誌のウェブニュースにDD51が入線した際の550列車を撮影した写真を発見。

折角見つけた記事に限って撮影地がご記載されており、少々戸惑ったが

地図上で探してみると大体見当がついた。

当日、その場所を訪れて見ると大正解。

カメラをセットし、2本ほど練習電にて構図を確認。

しかし、通過時刻になっても550レはやって来ない…。

普通の平日なのになぜ?

頭が少々パニックになっているうちに後ろから電が徐行で通過。

その後すぐ、謎の10分延で550レが阿久比川の築堤を駆け登ってきた。

b0283378_22132326.jpg















撮影日:2015年11月06日
撮影場所:乙川ー半田
撮影機材:CanonEOS6D+EF50mm f/1.2L USM
列車番号:550レ
コメント:-。
[PR]
by ef66-42_fujibusa | 2015-11-09 22:15 | 衣浦臨海鉄道

2015.11.06 衣浦臨海鉄道 5570レ 碧インター

本日まで行われた衣浦臨海鉄道のヘッドマーク取付(飛んで15日も行う予定)

実に多くの方が訪れ、記録を残したことだろう。

休日はあまりにも撮影者が多い為、平日に有給申請して

碧南線もうひとつのメジャーな撮影地碧インター沿にて撮影をしてきた。

平日とは言っても、そこそこの撮影者は集まるだろうと

休日より1時間半早く家を出るも、

流石地形的にも経済的にもトヨタのおひざ元の大府、刈谷、高浜市。

車社会の土地での渋滞をモロにくらい、現地到着は通過30分前。

すでに多くに撮影者が集まり、先客の隙を縫ってポジションを探す。

後ろ過ぎると編成後部が森に隠れるし、前過ぎると後部の鉄塔が目立つし…。

過去に撮った写真を見ながらウロウロ彷徨い場所を確保。

程無くすると、この日もフル16両の貨車を連ねてKE重連の編成が駆け抜けて行った。

b0283378_21485770.jpg















撮影日:2015年11月06日
撮影場所:東浦ー碧南市
撮影機材:CanonEOS6D+EF70-200mm f/2.8L USM
列車番号:5570レ
コメント:-。
[PR]
by ef66-42_fujibusa | 2015-11-08 21:52 | 衣浦臨海鉄道

2015.11.03 衣浦臨海鉄道 荷役作業 碧南市

明石公園にて5570列車を撮影した後は、

近くの喫茶店でお決まりの『裏画像を探せ』←身内のみぞ知る儀式(笑)。

10時過ぎに店を出て碧南市駅へ立寄ると、白ホキが荷役作業中。

片道輸送が多い専用貨物にあって、往復輸送をこなすホキ1000型。

外観をじっくり見ても、なかなか興味深い形をした貨車である。

b0283378_1918412.jpg






























撮影日:2015年11月03日
撮影場所:碧南市
撮影機材:CanonEOS6D+EF70-200mm f/2.8L USM
列車番号:-
コメント:-。
[PR]
by ef66-42_fujibusa | 2015-11-04 19:18 | 衣浦臨海鉄道

2015.11.03 衣浦臨海鉄道 5570レ 明石公園

本日もお仲間さんからのモーニングコールで起床。

昨夜からどこへ行こうかあれこれ迷っているものの、結局決めきれず夢の中へ。

朝、布団の中で考えた結果、先週末同様に衣浦臨海へ出掛けることとなる。

先週末の激パっぷりがトラウマになっているため、

マイナーな撮影地を開拓しようと車を各地へ走らせるも、

予想とはイマイチだったり、工事立入禁止箇所だったりで時間切れ。

結局は明石公園に通過30分前に到着。

いざ、橋に上がってみると激パが物凄くマイルドになっている。

先週末は30分前に到着しようものならば足の踏み場もないほど

埋め尽くされていたのだが、これがKEとDDの違いなのか?

とは言っても定番の縦構図は流石に満員御礼。

前回と同じく横アングルにカメラをセット。

程なくして艶艶コンビの5号機+1号機+ホキ16両のフル編成で通過。

やっぱり衣浦臨海はKE重連っしょ!

b0283378_18462948.jpg















撮影日:2015年11月03日
撮影場所:東浦ー碧南市
撮影機材:CanonEOS6D+EF70-200mm f/2.8L USM
列車番号:5570レ
コメント:-。
[PR]
by ef66-42_fujibusa | 2015-11-03 18:46 | 衣浦臨海鉄道

2015.10.31 衣浦臨海鉄道 5571レ 明石公園

炭酸カルシウムを降ろして、フライアッシュを積込んで戻って来る列車。

↑ 火力発電所で働く筆者にとってここ重要!!

基本この列車は明石大橋を除いては太陽を背に走る列車。

どこで撮っても逆光である。

雲の塊も多かっ為に、どうか曇のうちに来てくれ~と願うものの、

朝と同じく、雲の切れ間を突いてド逆光でファインダーの中を通過。

鉄とは、晴れろ~やら、曇れ~やら、天気に我儘な生き物である。

b0283378_18144158.jpg















撮影日:2015年10月31日
撮影場所:碧南市ー東浦
撮影機材:CanonEOS5DMarkⅡ+EF300mm f/2.8 USM(ExtenderEF1.4 Ⅲ使用)
列車番号:5571レ
コメント:-。
[PR]
by ef66-42_fujibusa | 2015-11-01 18:17 | 衣浦臨海鉄道

2015.10.31 衣浦臨海鉄道 5570レ 明石公園

今週末から来週にかけて、大々的なイベントを行う衣浦臨海鉄道

貨物のみ取扱いの会社で、旅客が増えるわけではないのに

知名度を上げるためにファンサービスをしていただける優良鉄道会社。

昨今、規制は厳しくなるばかりでイベントすら控える会社が多い中、

大変ありがたいことである。

さて、天気予報では晴れマークが出ていたのの、

夜が明けると所々に千切れ雲が点在する空、ゲリラ雲対策で

なるべく空を入れない、見上げる構図ではない撮影地がいいなと車を走らせる。

流石に、定番撮影地の明石公園スカイブリッジは満員御礼かと期待薄で覗いてみたら

かぶりつき縦アングルは定員一杯ながらも、私好みの横アングルはまだ空席有。

折角の異形式重連なので、なるべく後ろの釜も存在感を出すように空席を一席頂く。

寒い中待つこと一時間ちょっと、雲の切れ間を突いて列車は目の前を通過して行った。

b0283378_17195758.jpg















撮影日:2015年10月31日
撮影場所:東浦ー碧南市
撮影機材:CanonEOS6D+EF100mm f/2 USM
列車番号:5580レ
コメント:-。
[PR]
by ef66-42_fujibusa | 2015-10-31 17:21 | 衣浦臨海鉄道